リバウンドがない

ジョギングコース

医療業界においては、現在複数の診療科目に分かれています。
その中には、「整形外科」「美容外科」「形成外科」のように似たような名称の科目もあり混乱する人も少なくありません。
整形外科は、骨や関節、神経などの体の運動機能に関わる部分が、ケガや疾病などにより損傷した場合に治療を行う科目です。
形成外科は、体の表面がやけどや傷などにより変形してしまった場合に、再建や改善を目的とした治療が行われます。
美容外科は、美容整形を行っていることが多いため、整形外科と混同する人もいますが、ケガや疾病とは関係なく、見た目を良くする審美を目的としています。
整形外科では美容に関連する治療が行われることはありませんが、形成外科では見た目を再建するために、美容に関連する治療が行われることもあります。

日本では公的な健康保険に加入していると、医療機関での治療の際には、治療費の自己負担額が少なくて済むという制度になっています。
しかし、健康保険が適用されるのは、健康上治療が必要であると判断された治療に限られています。
そのため、本来は健康上の問題がない体に手を加える美容外科等の治療に関しては健康保険が適用にはなりません。
また、形成外科ではやけどや傷などで跡が残ってしまった場合や、乳がん手術で乳房を切除した場合の乳房再建手術などには健康保険が適用されますが、形成外科でも美容外科のように、美容やコンプレックスを解消する目的で治療を行っている場合もあります。
そのような場合には保険が適用にはならないので、治療費は全額自己負担となります。